【ビジネス全般】AI時代の新・ベーシックインカム論 井上智洋

こんばんわ、ご無沙汰しております、読書くんです。みなさまGWはいかがお過ごしでしたか?最近遊びほうけていたのですが、これからギアを上げていきます!今回はホットワードを組み合わせたタイトルの一冊。

 

AI時代の新・ベーシックインカム論 (光文社新書)

AI時代の新・ベーシックインカム論 (光文社新書)

 

 

【BIは誰のための制度なのか】
みなさんBI(ベーシックインカム)という言葉を一度は耳にしたことはあるのではないでしょうか。

 

ベーシックインカム・・・国民の最低限度の生活を保障するため、国民一人一人に現金を給付するという政策構想(出典:wikipedia)

 

ですね。本書ではなぜBIなのか、また本当にBIは機能するのか、また今後AIが進展していく社会においてBIはどういう意味を持ちうるのか、について語っています。

 

よくあるのがBI入れると、働かなくなる人増えるんじゃないの?論。これはすでに先駆けで試験的に導入している事例があり、そういった傾向は見られないとのことでした。まあ、ここはやってみないとわからないので、素晴らしい実験ですね。

 

ではBIがもたらすであろう功績はなにか。それが「職業の自由」が本当にもたらされるであろう、ということ。ここの説明が新しい視点でした。その代表例が「芸術家」。現代では売れてない芸術家が芸術のみに没頭し続ける環境は整っていない。売れなくてもずっと芸術だけを追い続けられるか、というとそうではなく、アルバイトをしながら、という人がほとんどではないでしょうか。

 

しかしもしベーシックインカムが導入されれば、地方に移り住むことでカツカツだとしても本当に芸術だけを追求して生きつづけることが可能になると。まあこれだけで一般のひとが「いいね!」とはならないと思いますが(笑)、ベーシックインカムと聞いてとてもじゃないですが読書くんはこういった発想にはなりませんでした。

 

確かにこれだけ物質的に豊かになってきた現代で、好きなことを追求しつづけられない人がいるというのは、違和感だなあと。また更に新しい視点で言うと、そもそも「労働意欲」がないことは罪なのかという議題もありました。これ、簡単にだめでしょ、とはいえないんですよね。本書では例えば「勉強をする気がおきない」人って絶対いたじゃないと。著者はそれこそ「働く気」は全然起きなかったけど「勉強する気」は昔からあって、これがたまたま仕事になっただけだと言っていました。なるほどなるほどと。

 

人それぞれ向き不向きがあるのは当たり前で、どうしても気持ちが乗らない人もいる。こんな当たり前のことを、封じ込んで、なんとなくみんな同じ方向を向いて働けよ、っていうのが資本主義社会なのではないかと改めて感じたりしたものです。

 

本日たまたま新R25で前澤社長(ZOZOの代表ね)が出ていました。前澤氏はベーシックインカム推進派。本人も好きなことをして社会に価値発揮できれば素晴らしい派で、それが誰かに勝つとかお金を稼ぐためになるのは嫌なんだと。だからお金を頑張って稼がなくてよくなった社会で人はどうなるのかを見てみたいのだと。

 

最近ブログをさぼってましたが、やはり本を読んでアウトプットのために思考するのはいいですね。改めてみなさまに本のすばらしさをお伝えするために引き続き努力する所存です笑 ではではー

【シンギュラリティ】AIの衝撃 人工知能は人類の敵か 小林雅一

こんばんわ、読書くんです。今回は読書くん大好きAI領域についての一冊。

 

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

AIの衝撃 人工知能は人類の敵か (講談社現代新書)

 

 

【AIは世界を、人を変えるのか】
著者は作家・ジャーナリスト、KDDI総合研究所・リサーチフェロー、情報セキュリティ大学院大学客員准教授と多くの肩書を持つ小林雅一氏。

AIという題名ではありますが、AIは割と一般大衆向けの文言ですね。実際技術者界隈では機械学習という言葉が使われていることが多い。そのため著者はまず「機械学習とは何か」という話題に触れています。

 

機械学習とは、
「コンピュータが(実社会やWeb上に存在する)大量のデータを解析し、そこからビジネスに役立つ何らかのパターンを抽出する」
という技術であると。この技術はまた、
「ロボットや自動車、あるいはすまほなど様々な機械が大量のデータをベースに自ら学習して賢くなる」
ためにも使われます。前者が実用的に使われている部分で、後者はよくみなさんがイメージされる領域ではないでしょうか。ただ後者は実用されている(ビジネスや生活で使われている)ケースはまだまだ少ないのが現状です。

 

その機械学習の中でも近年ブレイクスルーをもたらしたのが「ディープラーニング」です。ディープラーニングとは、人間の頭脳を構成する神経回路網を人工的に再現したニューラルネットの一種ですね。大脳視覚野の認識メカニズムに基づく、一連のアルゴリズムが実装されています。それにより、ここ数年の間に、画像認識や音声認識などのパターン認識技術を飛躍的に進歩させたのです!(ここは大興奮するとこ!!!笑)。

 

そして、画像・音声認識の次は自然言語処理という分野が来ています。自然言語処理は、私達人間が普通に話す言葉をコンピュータやロボットのような機械が理解するための技術です。特にGoogle、Facebookが関心を寄せている分野ですね。

日本でも数社有名所がありますが、彼らは自然言語処理が難しい日本語での自然言語処理技術を強みとしており、日本市場向けに打って出ているケースが多いかな、というのが印象です。

 

・人類を絶滅させる恐れ
ここ最近AI領域で世界的に有名な会社としてディープマインド社があげられます。2~30歳代の青年3名によって2011年にロンドンに設立された会社ですね。

同社は、Googleに買収される条件として、AI倫理委員会なるものの設置を要求。ディープマインド社共同創業者のシェーン・レッグ氏は、
「最終的に人類はテクノロジーによって絶滅するだろう。今世紀におけるその最大の危険要因はAIだ」
と語っています。そのため、今から正しい開発、活用の仕方を検討しておくべきだという意味で、AI倫理委員会の設立を要求しました。こういう話を聞くと、本当に最近の若い世代は実は視座が高く優秀なんだよなあと改めて思わされています。老害なんかよりも遥かに賢く未来を見据えているなあと。

 

ディープマインド共同創業者の1人である、デミス・ハッサビス氏は、
ケンブリッジ大学でコンピュータ科学の学位を取得した後、1998年にゲーム会社を設立。
その後、2005年にロンドン大学の博士課程に再入学、神経科学を学び始めました。
その研究テーマが、脳の一部領域である「海馬」。
海馬は記憶などの過去の出来事を保存する領域と見られてきたが、
ハッサビス氏は、海馬を損傷した患者が未来も想像できなくなることを発見。
つまり海馬は、過去の事柄から未来を思い描くための橋渡しの役割を果たしていることを証明したのです。

 

AIは、「過去の経験から何かを学んで、それを未来の行動に反映させるニューラルネット」です。人間の脳をお手本にしたAIであるからこそ、人間のように叱咤激励されれば上達するでしょう。

一方、人間が教育の仕方を誤れば、AIは不良化し、最後には、手に負えない存在になる危険性もあると考えているのです。それがAI倫理委員会の設立の理由ですね。

 

本書を通じて改めてAIへの認識を深めるとともに、テクノロジーが人間の存在そのものを否定する時代もくるのかなあ的な思考の時間もいただけました。ぜひみなさまにも一読してほしい一冊。一緒にテクノロジーの未来に思いを馳せましょうwではではー

【ビジネス全般】グアルディオラのサッカー哲学 フアン・カルロス・クベイロ

こんばんわ、読書くんです。今回はスポーツから学ぶ一冊。

 

グアルディオラのサッカー哲学

グアルディオラのサッカー哲学

  • 作者: フアン・カルロス・クベイロ,レオノール・ガジャルド,今井健策
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2011/01/20
  • メディア: 単行本
  • 購入: 4人 クリック: 134回
  • この商品を含むブログ (18件) を見る
 

 

【ゴールを共有し、当たり前のことを当たり前にやること】
グアルディオラ氏はマンチェスター・シティFCの監督。経歴としてはスペイン、カタルーニャ生まれ。12歳でバルセロナのカンテラに入団。若手選手育成寮マシアに入り、頭角を現す。守備的MFとして活躍、選手時代の大半をバルセロナで過ごす。ヨハン・クライフのドリームチームの中軸のひとり。2006年引退、2007年バルセロナBの監督に。2008年からトップチーム監督という経歴の持ち主。

 

グアルディオラの特徴的なところは、ヨハン・クライフのように生まれながらのカリスマ性があるリーダーではない、ということ。監督の仕事として重要なのは、選手に監督の意図を理解させること、選手のモチベーションを高めてフィールドに送り出すことです。

前監督はフランク・ライカールト。実績があったが、最後の2年間はタイトルがとれなかった所でのバトンタッチしました。監督就任前にはフロントに練習フローの変更やスタイルに関しての要求を行っていたと。

 

就任会見では、自身が取り組む事を明確に伝えており、ロナウジーニョ、デコ、エトーが構想外でチームを変えるという事も明言していました。その後1年半、前人未到の6冠を達成!

グアルディオラが体現したことは、目標やそこにたどり着くまでの道筋を明確化し、最後に結果を出すことが必要ということ。朝も夜も関係なく、常にチームと対戦相手の分析をして、納得いくまで考え通すのが彼のこだわりでした。対戦相手の直近の録画映像を少なくとも4試合分は見る、つまりリーガだけで1シーズン約40試合。。。単純に160試合分見る必要があります。

 

これは結局全ての勝負事に共通することだなあと思ったのは、「敵を知る」ということの重要性ですね。ビジネスでも競合分析は必ずやるべきことです。敵を知り、己を知れば100戦して危うからずってやつです。

バルサのミッションは、サッカーでファンにスペクタルなショーを提供すること、そこから派生する様々な要素を作り出し商品化することでした。

まず勝つことが、プロの大原則。加えてファンを喜ばせること、プロセスを大事にすることをチーム全員が把握しているという強さ。いいチームの秘訣は、規律があり、全員が何をしなければならないかをしっかり理解していることだといいます。

 

本書から学べることは、監督、つまり企業で言う社長はあくまで役割であり、彼らのミッションはその組織のパフォーマンスを最大化させること。そこにものすごい奇抜なことはなく、全員が自分の力を出し切れるための仕組みを作ることなんだろうなあと。

組織に関わる全ての人は一読してみてください。ではではー

【組織】賢い組織は「みんな」で決める キャス・サンスティーン

こんばんわ、読書くんです。今回は組織論についての一冊。

 

賢い組織は「みんな」で決める:リーダーのための行動科学入門

賢い組織は「みんな」で決める:リーダーのための行動科学入門

  • 作者: キャス・サンスティーン,リード・ヘイスティ,田総恵子
  • 出版社/メーカー: エヌティティ出版
  • 発売日: 2016/09/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

【負の車輪は連鎖しスピードを上げていく】
著者はアメリカの法学者、ハーバード大学ロースクール教授をつとめるキャス・サンスティーン氏。

 

まず著者は集団で決めるということに対し、大前提として「集団で議論しても正しい判断ができるとは限らない」「集団で良い決定を出すのは難しい」と記しています。

集団で議論しても誤ってしまう理由としては
・情報シグナル
他人が公表した情報を尊重するあまり自分が持っている情報を発表しなくなる傾向
・評判プレッシャー
自分に不利になることを避けるために黙ってしまう傾向が大きいと。
上記から、メンバーの間違いを正すどころか、それを増幅してしまう集団もあるほどだといいます。そして個人の偏った行動が集団内で増殖し、多くの場合状況は悪化すると。

上記はみなさんも大いに体験したことがあるのではないでしょうか。
集団になればなるほど注目を浴びることへの恐怖、間違えたときの恥ずかしさなどから、本当は自信があるし周りのためになることを発言できなくなってしまう経験、読書くんは果てしなく経験してきました笑

 

また熟議する集団が陥りやすい4つの失敗があると。
①増幅される間違い
集団はメンバーの間違いを正すことができないどころか、その間違いを増幅する
②カスケード効果
集団は、最初に発言、行動を起こした人に従う「カスケード効果」の餌食となる
③集団は極に走る
集団は、メンバーが既に持っていた方向に沿ってさらに極に走る
非常に楽観的だった集団は、集団内の議論の結果、それに輪をかけて楽観的になる
④情報共有のワナ
集団は、既にみんなが知っている、共有の情報に注目して、共有されていない情報をないがしろにする。その結果、1人あるいは少数者が持っている、耳障りだが重要な情報を活用できない。こうした問題ゆえに、集団はメンバー個人の間違いを正し、個人の持つ情報を集約するという最低限の目的すら達成できない。

 

①②に苛ついた人、気づかずに後馬に乗っかった経験はみなさん多いのでは。車輪と同じで一度回りだすと止めるのが難しいどころか、どんどんスピードマシちゃいますからね。読書くんが意識しているのは、序盤に「目的ってなんだっけ?」「本質ってなんだっけ?」っていうそもそも論を投げ込むこと。これシカトできないくらいしつこく鋭く切り込むことが最終的に組織のためになると思ってます。

 

本書の面白いところはみんなで決める方法を手っ取り早く教えてくれるのかな!?と思ったら、まずは集団で決める難しさを語り尽くしてくれるところですね笑 肝心の「じゃあどうやってみんなで決めるのさ?」はぜひ本書を手にとって読んでみてくださいw

ではではー

【思想】幸せになる勇気 古賀 史健・岸見 一郎

こんばんわ、読書くんです。今回は嫌われる勇気に続いて出版されたこの一冊。

 

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

 

【あなたが幸せと感じる時はどんなときですか?】
本書はアドラー心理学を用いて人はどう幸せになれるかを説いています。

 

まず特徴的なのは、アドラー心理学では、承認欲求を否定することです。承認欲求にとらわれた人間は、他者から認めてもらう事を願うあまり、いつの間にか他者の要望に沿った人生を生きる事になると。

 

そして次が、課題の分離。
人生のあらゆる物事について「これは誰の課題なのか?」という観点から「自分の課題」と「他者の課題」を切り分けて考える必要があると。他者の期待を満たすために生きているのではなく、他者もまた、あなたの期待を満たすために生きているのではないと。

 

もうこの2つでかなり本質ついてるんですけどね、本書w「承認」「分離」はかなり似ています。それは物事を「自分」に置くこと。これは悪い意味ではなくて、他人有りきの自分ではなく、自分のための自分の人生を歩むことが大事なんだよなあと改めて思わされました・・・(逆にバカボンドの武蔵レベルになると、ひたすら自分の路を極めることだけに没頭して沢庵師匠に怒られるんですけどね笑)

他者の視線に怯えず、他者からの評価を気にせず、他者からの承認も求めない。これができたら人生がどれだけ楽になるか。。。

 

また、幸福とは貢献感である、とアドラーはいいます。
「私は誰かの役に立っている」と思えた時にだけ、自らの価値を実感する事ができる。自らの価値を実感し、「ここにいてもいいんだ」という所属感を得る事ができる。「私は誰かの役に立っている」という主観的な感覚があれば、貢献感があればそれでいいんだと。

上記から思うことは、とりわけ日本においては「定年」という概念はなくすべきだと思うんです。なぜなら「貢献」を最も味わえるのが仕事だから。仕事をしたくないという人もいますが、実際に仕事をしていないと「なぜ自分は生きているのか」という虚無感に襲われることが多々来るでしょう。とはいえ、定期的に人が貢献を味わえる仕組みを国として新しく作るのは本当に難しい。だから働き方は色々だと思いますが、それでもずっと働いていられる制度を国として作ったほうが、結果みんな幸せなんじゃないかなと。

 

最後は読書くんの思考・仮説で締めくくって恐縮ですが(笑)、この他にも生きていく上で本質をつく内容が満載です。ぜひ手にとってみてくださいね。ではではー

【仕事術】ロジカルになりたい人ほど読んで!〜孫社長にたたきこまれたすごい数値化仕事術 三木雄信〜

こんにちは、読書くんです。お久しぶりなお昼(朝?)の投稿失礼します。今回は元孫社長の右腕、三木氏の一冊。

 

孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術

孫社長にたたきこまれた すごい「数値化」仕事術

 

 

【その数値は何を根拠に喋っているの?】

著者は元ソフトバンク社長室長、現ジャパン・フラッグシップ・プロジェクト代表の三木雄信氏。

 

最近この傾向が顕著になってきたと思っているのですが、「数値で語れ」「数値化しろ」ということを仕事の場で口酸っぱく言われている人が多いのではないでしょうか。にもかかわらず、現場からは「資料を作っている時間が長いが、この資料が何の役に立っているのやら」とか「数値化しただけで、結局何も変わっていない」などの不平不満も同時にはびこっているように思います。本書はビジネスにおいて本当に使える数値とは何か、をわかりやすく解説した一冊です。

 

・「どうだったか」はいい、「どうしたいか」を話せ

これが孫社長の口癖だったといいます。そしてこのために数値が必要なのです。著者いわく数値化は自身の目的のためにするものであり、上の指示があってするものではないと力強く書いています。ものすごくこの内容がしっくりきたのが、本書における「パレート図」の章にて。

 

一大新規プロジェクトを発足した結果、サービスリリースから鳴り止まないコールセンターへの電話。コストはかさみ顧客体験も悪くなる一方で、これは社として一番に解決しなければならない課題。現場としては肌感としてオペレーション改善ではなく、商品そのものに問題がありそうであるということに気づいているが、上からはオペレーション改善をしろとしか言われない状況。さああなたはどうするか?

 

著者いわくここで数値化が大きな力を発揮すると。パレート図分析は「優先的に解決するべき課題」が視覚的にぱっとわかるような分析図です。具体的には「複数の項目についてデータの値が大きい順に並べた棒グラフ」と、累積比率をあらわす折れ線グラフ」で構成される二軸の図です。

 

<イメージ図>

f:id:dokushonosusume20xx:20180422092416p:plain

 

もうこれで何から解決すべきか一目瞭然ですよね。「お」から解決しなきゃ!とか言ってきた上司がいたらぶん殴りましょう笑 なにをこんな簡単なことをと思う人もいるかと思いますが、実際にこうして分析をして可視化して進言できている人たちがどれくらいいるでしょうか。またこういった分析がどういった場面で活用できるものなのかを具体的にイメージできる人がどれほどいるでしょうか。本書はそのイメージをものすごくわかりやすく付けてくれます。

 

そして本書の回しものではないのですが、すばらしいところは「実際にエクセルで各分析手法をどうやってやればいいか細かく解説がついているところ」!!!!。これが涙が出るほどありがたかったです。(まあ言い換えればやってる感があるってことなので、ここで満足してはいけないのですが。。。w)

 

他にも単回帰分析・重回帰分析とかもすごいためになりました。ここは「確かに」くらいの説明にしますが、例えば物件探しているときに、なんとなく「お得じゃん!」と思う物件があるとしますが、すごい冷静に考えると家賃を決めいている項目って多すぎて、本当にお得なのかの判断って難しいですよね。平米、階数、駅からの距離、沿線数、築年数。。。もうありすぎでしょ!って悲鳴を上げたくなります。この多項目について分析できるのが重回帰分析です。

 

ビジネスでも今までの傾向から新たに販売戦略を出すときに、一つの要因だけで成り立つことはないはずです。過去これくらい売れたから、今後もこれくらい売れるはずです、なんて報告絶対できないですよね笑 とくに数値に厳しい経営陣と戦うには、こっちも数値なんです。そしてビジネスの場で戦える数値化術を授けてくれるのが本書なんですよねー。とこれじゃあやっぱり回し者ですねw とにかく騙されたと思って一度読んで下さい!本気おもしろいです!!みなさんの仕事への意識が本書を通じて少しでも変わることを願っています。ではではー

 

 

【人事】表彰制度 会社を変える最強のモチベーション戦略 太田肇

こんばんわ、読書くんです。今回は組織活性化に薬とも毒ともなる表彰制度についての一冊。

 

表彰制度

表彰制度

 

 

【それは誰のための制度か】
著者は同志社大学 政策学部 教授の太田肇氏。専門は組織論で、とりわけ個人を生かす組織・マネジメントについて研究している人物。

 

「表彰は、使い方によっては特効薬にもなれば、猛毒にもなる。」と著者は言います。アメリカでは、企業でも役所でもたくさんの表彰制度が取り入れられていますが、それに比べて日本は普及度合いが低いのが現状です。

よくメディアでも取り上げられるのでご存知かと思いますが、仕事に対して、意欲的である、とアンケートに回答する人は日本は非常に少ないです。同じ先進国のアメリカ、イギリス、フランスなどと大きい差があります。

 

現代が「やり甲斐」の時代になってきましたが、それでも「承認欲求」は変わらず人間の欲求の中で大きな割合を占めています。むしろ「やり甲斐をもって何かしている自分どうよ?」を認められたい・褒められたいという欲求が大きくなっているようにも感じるので、深刻化しているかもしれませんね笑

この承認について面白い研究結果が出ているのが、「アンダーマイニング効果」というものです。これによると、仕事そのものに動機づけられているときに外から報酬が与えられると、逆にモチベーションが低下するといいます。

 

ここでようやく表彰の話に戻りますが、表彰のメリットはモチベーション向上がメインです。またメッセージ効果という副次的な効果もあります。これは受賞者を見れば、メンバーに何が求められるかが分かる、つまり社員に「これがベンチマークだよ」というメッセージを送ることで、社員の目標が定まったり、視座が高まるということですね。

 

ここからは実際に企業名も記載した事例を列挙していました。
例えば共進精機株式会社は、3S活動に力を入れており、毎年3S活動をチームごとに20分プレゼン。その場の採点により、優秀賞を決めていくという表彰制度を設けています。
他にも太陽パーツ株式会社では、大失敗賞を与え、前向きな挑戦をしたにも関わらず結果的に失敗した人を表彰しています。これはとりわけ会社が何を大事にしているのか、というのを社員に伝える意味でわかりやすい事例ですね。

 

IT業界有名なのは、サイバーエージェント。同社では半期ごとにベストプレーヤー、ベストマネージャー等12の賞で表彰しています。また、部署ごとに毎月の締め会で表彰もしています。表彰はレッドカーペットの上で華やかに行われる等演出にも力を入れているのも特徴的です。

報酬と名誉が、モチベーションの2つの柱なのですが、サイバーエージェントはとりわく後者を大事にした表彰の雰囲気作りを徹底しているというこ、とですね。

 

表彰は奥深く大きな効果を発揮することもあれば、逆に社員のモチベーションを大きく下げることもあります。選考プロセスが不明確、あきらかに出来レースの選出などは社員から働く意味を簡単に持ち去ってしまいます。

会社づくり・組織づくりに携わる方にはぜひ読んでみて欲しい一冊。空いている時間に一読を!ではではー