読書くんがおすすめする21世紀に読むべきビジネス書

年間数百冊を読んでいる読書くんが、21世紀に読むべきビジネス書をおすすめしていきます。

【仕事術】仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。 小西 利行

こんにちわ、読書くんです。みなさま、メモる派ですか?最近メモる派が少なくなってきたなーと思いつつ、本書を読んでもう一度メモ魔に戻ろうか悩んでおります笑

 

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

仕事のスピード・質が劇的に上がる すごいメモ。

 

 

【メモの巧妙】
小西氏は「伊右衛門」「ザ・プレミアム・モルツ」の広告を手掛けたやり手のクリエイターです。


曰く、メモはいい仕事をするうえで大切な5つのポイントに関わっているといいます。 それが、「整理、設定、考察、発見、指示」。

なぜならメモの本当の効果は「聞いたことを忘れないため」ではなく、「考えるきっかけ」をつくることなんですね。なので小西氏は未来の自分に教えるメモ、「未来メモ」が大事と言っています。そしてそれにも3つの種類があるとまとめていました。

「まとメモ」情報を整理したり、使いやすくまとめるメモ  
「つくメモ」これは、アイデアをつくるメモで、新しい発想を生み出すとき  
「つたメモ」人に伝えるためのメモ


まとメモ は「これは重要だ」と思った情報や文章に「○」を付けるだけ。こうすると何がいいかというと見るべきポイントを明確にするだけで情報は整理され、書いたときの判断や発見がわかることで、気づきを生むんだと。また、どういう順序で考えればいいかわからない、考えることが多くて考えられない、といった状況は混乱から生まれ、考える順番や目的が理解できると、人は安心して考えられると。ただ読書くんの懸念としては、結局やたらめったら「○」をしてしまうケースが多いので、「○」をつけるポイントをおしえてほしかったなーと。それは人それぞれだよ、では本末転倒なので笑


ただ、メモをこうやって要素分解したことがなかったので、非常に新鮮でした!残りの2つのメモ詳細についてはぜひ本を手にとって見てください!!!
本が苦手な人はフライヤーで検索。


電子書籍派のあなたはhontoで。

ではでは