【ビジネス全般】脳の強化書 加藤俊徳

こんばんわ、読書くんです。今回はなかなか鍛えようと思わないテーマについての一冊(笑)。

 

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

アタマがみるみるシャープになる! 脳の強化書

 

 

【脳番地とその鍛え方】
著者は医師でもあり医学博士でもある加藤氏。株式会社脳の代表取締役でもある、生粋の脳好きwそんな加藤氏が脳の鍛え方について書いている。

脳は1,000億個を超える神経細胞があり、これが120の脳番地に分かれている。ここが驚きだったのですが、脳が最も成長するのは20代から40代にかけてで、意識して強化できる(10代じゃないの?しかも強化できるの!?笑)。

加藤氏いわく、MRI画像を見比べるだけで脳の発達が分かるといいます。赤ちゃんの脳はMRI図でかなり白っぽく、発達すると黒い枝が伸びていきます。

脳の中で、高度な情報処理をするのが大脳。この中で、中心より少し前にあるのが前頭葉で、思考系脳番地はここにあります。意思決定を行う番地もここなので、前頭葉を鍛えると、思考力が高くなり、抽象的思考が出来るようになります。具体的な鍛え方としては、毎朝1日の目標を20字以内でたてる、身近な人の良い点を3点あげる、自分の意見への反論を考える等。

側面にある側頭葉の内側にある扁桃体が、人間の感情を左右する感情系脳番地の中心。感情系は思考系と繋がりが強いです。ここを鍛えると、自分の表情が豊かになるだけでなく、相手の気持ちの変化にも敏感になる。また感情をコントロールできるという利点があります。鍛え方は、周りの人にその日の印象を伝える、新しい体験をして感情を揺さぶる等。

伝達系脳番地は、誰かに何かを伝える部分で、言語系、非言語系に分かれます。鍛え方は、相手の口癖を探しながら話を聞く、見知らぬ人にコミュニケーションをとる、団体競技のスポーツに参加する等。

こんな具体的に鍛え方まで教えてくれる本、それも脳について笑 人間がそのすべてを理解するのには到底まだ及んでいない脳ですが、概要と特徴をつかめば鍛えることができる。。。人間てすごいですね笑 脳という根本から鍛え直したい!という前のめりな方は是非本書を手にとってみてください!
本が苦手な人はフライヤーで検索。

電子書籍派のあなたはhontoで。

ではではー