【思考法】メンタル・ブロックバスター ジェイムズ・L・アダムス

こんばんわ、読書くんです。今回はビジネスで役立つ思考法についての一冊。

 

メンタル・ブロックバスター―知覚、感情、文化、環境、知性、表現…、あなたの発想を邪魔する6つの壁

メンタル・ブロックバスター―知覚、感情、文化、環境、知性、表現…、あなたの発想を邪魔する6つの壁

 

 

【概念化の為の考え方】
著者はスタンフォード大学機械工学部、経営科学工学部 名誉教授のジェイムズ・L・アダムス氏。コテコテのインテリである著者が創造的思考法を磨く実戦方法について書いた一冊です。

 

その中でも著者は概念化にまず焦点をあてています。概念化は、あらゆる問題解決のプロセスのカギとなる、と著者は言っています。創造的に考えるという事は、他人に教えることが可能である状態です。

 

人間の記憶方法は、まず感覚的記録を経て、パターン認識をしますそして短期記憶に入り、選別されて長期記憶に入るものとそうでないものが分かれていくのです。1人で問題の特定から解決を行う場合、問題点を的確に絞り込むことが非常に重要となります。問題の特定を怠ると、結果として解決を遅くします。これはコンサル系の人が書いている課題解決系の本でも口酸っぱく言われているところですね。

このとき、固定概念になっている考え方、知覚をどこまで変えられるかがポイントです水平思考で、多様な視点から物事を見られない人も多く、この点を変えるのです。

 

創造的な取り組みが思いついたとき、最悪の事態を想定して書き出してみましょう。それを分析的に明確にする事で、創造的な取り組みに着手する恐れがケイデンされます。また、文化的なタブーも発想を妨げます。どう思考の壁をなくすかがまずは大事なのです。

 

創造的なことというのは、本人にとって前例がないことです。良い意味でブレーキを壊せるか。そこに鍵がありそうですね。他にも有益な情報がつまっているので、ぜひ手にとってみてください!みなさんの生活が少しでも創造的になりますように。。。ではではー