【ビジネス全般】天才・イチローを創った魔法の「言葉」 児玉 光雄

こんばんわ、読書くんです。今回はスポーツの世界から見る飛び抜ける人材の共通点についての一冊。

 

天才・イチローを創った魔法の「言葉」 (East Press Business)

天才・イチローを創った魔法の「言葉」 (East Press Business)

 

 

【限界は自分で引き上げる】
著者は日本のスポーツ心理学者、追手門学院大学客員教授、前鹿屋体育大学教授という肩書を持つ児玉氏。専門分野はテニス方法学、臨床スポーツ心理学。特にスポーツの天才の思考・行動パターン分析のエキスパートで知られています。

 

まず結論から言ってしまうと、イチローは、自分自身に最大レベルの期待をすることの出来たからこそ、あの境地までたどり着けたといいます。

 

自分の限界を作っているのは、おうおうにして自分自身です。大体の人が失敗をしたときや、未知のものに遭遇したときに、不安や恐怖を抱き挑戦することを諦めてしまいます。イチローがすごいのは、自分がわからないことに遭遇するときや、知らないことに出会ったときに「お、じぶんはまだまだいける」と思い、更に高みを目指すこと。つまり自身がより高みに行けると思い込むということですね。

 

不安や恐怖を抱くのは仕事を行う上での宿命と考え、果敢にチャレンジ出来ることが、一流の人間共通の行動パターンだと言うのです。もっと自分を信じること。いまはうまく「出せていない」だけだと念じ続けること。
 

ちょっと体育会系な発言が続いているように思えますが、まあどの業界でも上手く言っている人は体育会系ですよねw学術的な方々も、実際に運動はしないまでも、実質体育会系です。まだまだやれる、自分ならこの課題を解ける、そう言い聞かせてがんばっているはずです。

 

メンタルの強さは強者が基礎として保有しているものですが、この基礎がなければ絶対に強者にはなりえません。もしかしたら一時期は上手く行っても、長くは続かないのです。自分ならできる、常にこの言葉を繰り返しつづけること。一日一日強く生きようと思えた一冊でしたwぜひ手にとってみてください!ではではー