【経営】プロフェッショナルマネジャー ハロルド・ジェニーン

こんばんわ、読書くんです。今回は偉大な経営者による一冊。

 

プロフェッショナルマネジャー

プロフェッショナルマネジャー

 

 

【偉大な経営者が大事にすることには共通点がある】
著者は巨大コングロマリット米ITTの社長兼CEO(最高経営責任者)として58四半期連続増益を遂げたハロルド・ジェニーン氏。

 

「本を読む時は、始めから終わりへと読む。ビジネスの経営はそれとは逆だ。終わりから始めて、そこへ到達するためにできる限りのことをするのだ。」
つまり、結果を出すことが大事で、その過程は注目されない。また、継続的に結果を出すことが大事で、短期的に結果を出すだけでは意味がないと。

 

「経営者は経営しなくてはならぬ」という単純極まる信条が、実はあまり実践されていないと著者はいいます。

経営する、ということは決めたことを達成することであり、達成したいと思うだけならその人は経営者ではないと。決めたことに対して妥協せず、徹底的に達成を追求する人は、たとえ学生の立場でも経営者。

 

経営者は自分の責任範囲のあらゆる活動をしっかり掌握しなければならない。問題が起こった時に解決するだけでなく、起こる前に対策が取られているようにするために。ITTでジェニーン氏は情報の正確性を確認することに多くの時間を費やした。マネジメントは、それ自体が誤りという決定をあまりしない。誤った情報に基づく正しい決定がものごとをおかしな方向へ持っていく。ITTでは経営者と経営の基準を、たいていの人が可能だと思っていたより上のレベルへ上げることで成長したといいます。

 

MBAを保有している人も、経営管理者ではあってもリーダーではないことが多い。リーダーシップは生まれつきのものという説があるが、各人の経験を通じて備わるものであると。ジェニーン氏は仕事を刺激的で楽しいものと認識し、徹底的に楽しむために仕事をしたといいます。模範を示すつもりはなかったが、誰よりも長時間働いていることが模範を示す結果となったと。

 

偉大な経営者たちは基礎がしっかりしてるんだよなあ。しっかりしてないとUBERの元社長みたいに、、、というのは止めときましょうw触りも触りの部分だけの紹介ですが、まだまだ有益な情報が詰まった一冊です。是非手にとって見て下さい!ではではー