【ビジネス全般】ALLIANCE リード・ホフマン

こんばんわ、読書くんです。今回はシリコンバレーの偉大な起業家が書いた一冊。

 

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

ALLIANCE アライアンス―――人と企業が信頼で結ばれる新しい雇用

  • 作者: リード・ホフマン;ベン・カスノーカ;クリス・イェ,篠田真貴子;倉田幸信
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/07/10
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

【雇用とは何か、を現代にて改めて考える】
著者は知っている人は知っている、Linkedin創業者のリード・ホフマン。しかも元PayPal副社長。すごすぎ・・・

 

著者は、雇用を「取引」ではなく「アライアンス」として捉えています。なぜなら雇用は、自立したプレーヤー同士が互いにメリットを得ようと、期間を明確に定めて結ぶ提携関係だからです。

マネージャーと社員がお互いを信頼して相手に時間と労力を投入し、結果的に強いビジネスと優れたキャリアを手に入れる。つまり雇用主と社員が「どのような価値を相手にもたらすか」に基づいてつくられるものであると。

 

雇用をアライアンスであると定義すると様々な新しい側面が見えてきます。
例えば雇用の流動化はもっと気軽に行われるようになるでしょう。なぜならアライアンスの場合の雇用期間とは、言い換えると「コミットメント期間」とも言えるからです。

 

お互いが仕事の内容と期間を決め、長期的関係のために定期的に仕事を変えることが推奨されます。ミッションを期限内に成し遂げる事に専念し、そこに個人の信用をかけているのです。働き方を「いくつものコミットメント期間の積み重ね」という形に位置づけ直すことで、起業家タイプの人材を惹き付け、自社で働き続けようと思ってもらいやすくなります。魅力的なコミットメント期間を設計できれば「個人としてのブランド力」を高める道筋を示す事にもなるのです!


・アライアンスの原則
「すべての雇用関係は本質的に双方向で、社員の得るメリットと会社の得るメリットを互いに明確にすること」

これはビジネスSNS「Linkedin」を作ったリード・ホフマンの意思が詰まった一言だなあと。企業が一方的に人を選ぶ時代は終わり、人々は自身で考えたキャリア設計の元、企業を選ぶ立場に変わってきています。

 

にも関わらず今までのように雇用を「取引」と考えていては、成り立つわけではないよなと。我々はイーブンどころか優位に立っているのですから。そう思うと、日本は本当に色々と遅れています。とくにそれは就職時のオファー面談にあらわれています。日本人は求職者が下手に出てしまうため、交渉がすごく下手なのです。極端に言うと交渉を知らない。もっともっと日本人は意識を変えていったほうが良い。触りを読んだだけでも、つよい課題意識をもたせてくれる良書でした。ぜひ一読を!ではではー