【組織】スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術  ジェフ・サザーランド

お久しぶりです、読書くんです。今回は最近話題になっているかもしれない「スクラム」についての一冊。私の知人の会社で取り組んでいるとのことで興味が湧いたので読んでみましたよん。

 

 

スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

スクラム 仕事が4倍速くなる“世界標準”のチーム戦術

 

 

【アジャイルを実現するためのフレームワーク】

著者はスクラム提唱者のジェフ・サザーランド氏。1986年に野中郁次郎氏と竹内弘高氏が発表した「新製品開発のプロセス」から着想を得ているというから面白いところ。

 

主にシステム開発の事例が載っているけれども、すべての分野で応用できることについても言及をしており、対象読書は組織で成功を収めたい全ての人々といったところです。

 

読書くんはそれなりのIT企業にいたこともある中で、最初に確かにと思ったのは

・ガントチャートが納期通りに進んだことを見たことはない(ウォーターフォールの限界)

・アジャイルアジャイルいうけど、実践するための型がない(こっちはぼくが本書を読んでの受け取り方)

という2点。

 

特にガントチャートは見た目が美しい分、なにか作っただけで成し遂げた気持ちになるけれども、あれって絶対遅れるんですよね…絵に描いた餅にどんな意味があるのかと。

 

だからこそデイリーでの端的で的確な振り返り。そして最低でも1週間ごとの全体進捗確認など、細かい改善・確認をチーム全体の力を使って行っていくスクラムというフレームワークに心踊りました。内容はものすごく革新的と思うようなことではないけれども、最終的にやり抜いていくと大きな成果につながっているのです。

 

また自分の仕事のやり方で見直すべきと思ったのが

「問題点は一度で直し、その後、同じ問題を二度と起こさない」

ということ。

 

よくとりあえず完成っぽい形まで持っていった後に細かいミスを治すという方法を取ることもありますが、都度直していった方が早いという実績が出ていると。人間の記憶力的にも、すぐにやらないと自分がなぜそのように作ったのかなんて覚えてないよねと。

 

いつどこにどのように時間をかけていくべきか。またチームとしてのリソースの最適な使い方とは。もしチームで成果を最大化させていたきたい方は絶対に読むべき良書です。今回はいつも以上に内容を教えません。全ての人が一冊は本書を家に置いてくれますように。ではではー